未分類

失敗しない車の買い方 その3

車の維持費


【自動車保険】
自動車保険とは、自動車の利用に伴って発生する損害を補償する損害保険です。
自動車保険は2種類に分類されていて、強制保険(自賠責保険)と任意保険に分類される。

・自賠責保険
自動車を使用する際に契約が義務付けられているもので、事故を起こした時に最低限の補償をしてくれる保険です。
基本的には2年~3年契約が一般的で車検時に更新してく方が多いです。
金額は軽自動車、普通車で2年契約でだいたい25000円前後になります。3年で35000円ぐらいになります。

・任意保険
自賠責保険を補うのが任意保険で、自動車事故はちょっとした事故でも賠償額が高額になってしまうことが多いです。それを自賠責保険で補えない場合に任意保険で補います。
なので任意保険に入っておけば自賠責保険を使わず、基本的には任意保険だけで済みます。

・保険会社の選び方
保険会社は2種類あり、代理店型とダイレクト型があります。

・代理店型
代理店型は、担当者がプランをいくつか提案してくれたり実際に自宅まで来てくれて、わからないことや、アドバイスなどをしてくれて契約がとてもスムーズに行えます。
事故を起こしたときなども親身に対応してくれたりで、実際に会って契約などをしていくのでとても心強い味方になっていくと思います。

ただ欠点もあり、保険料が代理店手数料がかかりダイレクト型より高くなってしまいますし、自動車保険以外の保険の勧誘をしてくる担当者もいるので注意が必要です。(色々な保険を全部同じ会社に統一すると安くなる場合もあるので一概にデメリットとも言えないのでしっかり話を聞くのもいいと思いますよ。)

・ダイレクト型
ダイレクト型は保険料が安く、インターネット割引などもあり金額面ではかなり魅力的です。契約も基本的にWEBや郵便物でのやりとりなので人に会うのが面倒、会う時間がない方には便利です。

補償内容などは担当者などがアドバイスしてくれるわけではなく自分で決めなきゃならないので家族、友人に相談しましょう。
担当者がいないので契約、事故の時は多少不安になる方もいると思いますが、状況に応じて保険会社、家族などに連絡を取りましょう。

【燃料代】
これが一番直接的に財布にダメージを与えてくるのが燃料代です。
購入時に燃料代も多めに計算に入れておかないと買った後に後悔します。

まず新車のカタログに書いてある燃費データはあまりあてにならないです。だいたい書いてある数値の6割~7割しか達成してないと思っていいです。
中古車だと燃焼効率も悪くなってきて燃費が変わったりしますので燃料代は多めに計算に入れましょう。

・節約方法
車に乗らない。これが一番節約になるんですが、これだとそもそも買った意味が・・・w
燃料の消費が一番多いのは、停止から発進、加速、エンジンが冷えているときが特に消費します。

車も自転車と同じで止まった状態から漕ぎ始めると重たいですよね?でもある程度漕いで、スピードが出だしたらそんなに重くないですよね?
車は特に重たいのでスピードを出すためにはそれなりのパワーが必要になるので、最初は燃料をいっぱい使います。
近い距離、道路が混む時間はなるべく避けて乗ると多少はお財布に優しいです。

朝の出勤前や帰宅時などのしばらくエンジンをかけていなくて冷えてる時も燃料を多く消費します。エンジンオイルが温まってないとエンジンのパワーが最大限に発揮されないので燃料を多く消費しますし、氷点下の気温の時は最悪の場合エンジンの故障の原因にもなったりするので最低でも5分ぐらいはエンジンをかけてから動かしましょう。

僕がやってる節約方法は、ガソリンスタンドで作れるプリペイドカードに毎月必要な燃料代をチャージしてしまうことです。
先にチャージしてしまえば燃料代でしか使えないですし、給料前になっても燃料が入れれないとかもないので、必要経費と割り切ってしまえばある意味経済的ですw

最後に

車を買うことで色々な経験ができます。良いこと悪いこと色々あるとは思いますが、自分の人生経験のプラスになります。車は大きな買い物なので悩んでしまうとは思いますが、あまり無理をせずにまずは行動してみることをおすすめします。