未分類

失敗しない車の買い方!!その2

車の維持費

買って終わりではない車の維持費。移動が便利でかっこよくて魅力はあるんですが、魅力的ではないのが維持費です。車にかかる維持費を紹介します。

【税金】
税金は自動車税と重量税があります。これらの税金は車を所有してる間はずっと払い続けなければならないので購入前にはざっくりでも理解しておきましょう。
・自動車税
毎年4月1日時点での自動車の車検証上の所有者に対して、自動的にかかる税金です。
車の排気量により金額が決まります。小さい車が安くて、大きい車が高いみたいな感じだと思っていいです。

僕は自動車税は年に一回だから多少、排気量が大きい車でも乗りたい車乗ってやるって思って買ったんですが、自動車税は結構痛いってことに気づきました。
排気量が大きい車に乗ろうと思ってる方はどんな理由であっても自分の財布と相談してしっかり考えましょう。

・自動車重量税
車の重さによって決まる税金。
自家用乗用車は0.5トンごとに税額が変わります。軽自動車は税額は固定になっていますが、新車時か13年、18年と経過した車は税額が上がります。

重量税は基本的に車検時に払うと考えていいと思います。自家用乗用車は2年に一回車検があり、重量税以外にも点検、整備費用もかかるので余分にお金を貯めておいたほうがいいです。

【メンテナンス費用】
車を長持ちさせるため、余計な出費を増やさないためには絶対にかかってしまうのがメンテナンス費用になります。具体的にどのようなことなのか説明していきます。

・車検
自家用乗用車は2年(新車は3年)に一度絶対に受けなければなりません。
車検は保安基準に適合してるかを一定期間ごとに検査を行なう制度です。
簡単に言うと車が道路を安全に走行出来るかを確認する作業です。

車検は車種、排気量などで金額が変ってきます。そして車を所有してかかる費用の中ではかなり大きい出費になります。
費用を抑える方法として車検を受ける店はしっかり選びましょう。
・陸運支局に自分で持っていく、ユーザー車検
これはある程度、自分でメンテナンスをして陸運支局に持っていく方法です。
特に不具合とかがなければ法定費用などの最低限の出費で抑えられます。

・車検時にしっかりメンテナンスをしてもらい故障を予防する。
これは自分でメンテナンスなどをできない、したくないと思う方は車検の時しっかりメンテナンスをしてもらって事前に故障を防ぐ方法です。
事前に壊れそうなところなどを修理しておくことによって二次災害を防いで余計な出費を抑えれます。

・消耗品
車を使用すると定期的に交換をしたほうが故障、事故などのリスクを軽減できます。

・オイル
オイルはエンジンを守る非常に大事な役割をします。エンジンは鉄と鉄が擦れあって動いていて、高温になったり摩耗したりします。冷却、潤滑するのがオイルです。オイルは定期的に交換しないと劣化して、エンジンを守れなくなります。基本的に3000㎞~5000㎞もしくは半年に一回がエンジンを傷めないのでやったほうがいいです。
車にあんまり乗らなくてもオイルは酸化して、オイル本来の性能を発揮できなくなり、エンジンの故障につながる場合があるので、しっかり交換しましょう。

・タイヤ
タイヤは走行すると確実に傷んでいきます。摩耗して傷んだタイヤはグリップ力が落ちて事故の原因になります。極端に車の使用頻度が多くなければ5年ぐらいは持ちます。
雪が降る地域に住んでる方はスタッドレスタイヤも買わなければなりません。
スタッドレスタイヤは、ノーマルタイヤよりも交換頻度が早く値段も高いです。
だいたい3年ぐらいが交換目安になってます。
スタッドレスタイヤは国産メーカーのタイヤを買うことをおすすめします。値段は高いですが、劣化しにくく長持ちします。グリップ力も落ちにくいので、スリップ事故などのリスクを軽減できます。ノーマルタイヤは海外メーカーなどの安いタイヤでも個人的には問題ないと思います。雪などが無い、乾いた道路では普通に走っていれば滑ることもないので安いタイヤでも安心して乗れます。
タイヤの値段はピンキリで車によっても全然違うので、何とも言えませんが2万~10万ぐらいはかかると思います。

・ワイパーブレード、ウォッシャー液
これらは窓に関する消耗品です。どちらも視界を良くするために必要になってきます。
ワイパーブレードは前後で10000円でおつりがくるぐらいだし、後ろのワイパーブレードは正直なところ交換しなくてもいいんじゃないかって思ってますw
なぜならあんまり使わないから、ワイパーブレードはそんなに傷まないです。

雪が降る地域ではスノーブレードも必要になります。値段は一本2000円~3000円ぐらいです。後ろのワイパーブレードは買わなくていいと思いますw
交換目安は3年ぐらいです。ワイパーブレードのゴムが切れたりしたら交換したほうがいいですね。

ウォッシャー液は窓の汚れを落とす洗浄液になります。値段は200円ぐらいです。
気温が氷点下にならない地域は薄めて使っても問題ありません。(ウォッシャー液5 水5が目安)ウォッシャー液を入れるときは、似ている注ぎ口がもう一つあるので間違えないようにしましょう。わからなかったら、ガソリンスタンドの店員さんなどに聞いてください

【ローン】
車を購入するにあたって一括で購入できなかったり、購入時の負担を減らしたりするのに使えるのが自動車ローンです。
自動車ローンをどこで組むのがオススメか毎月どのくらいの返済額が理想的なのか紹介していきます。

・自動車ローンはどこがオススメなのか
まず自動車ローンを組むと金利がかかります。基本的に自動車ローンのデメリットはこれだけです。金利がかかる代わりに長期的に金額の大きいお金を貸してくれる仕組みです。

僕が思うにとにかく金利が安いところで借りるのが一番いいと思うので、結論から言うと銀行、JAなどのマイカーローンが一番金利が安くてオススメです。
ただ審査が他のローン会社より厳しく、年収、会社の勤続年数、借金の有無など色々な部分で審査されるので注意が必要です。ローンが通るか不安だったら仮審査ができるのである程度、車の購入金額が決まってきたら仮審査をやってみるとローンが通るのかわかるので、車も選びやすくなります。
銀行、JAなどのマイカーローンは審査結果がわかるまで一週間ぐらいかかるので早めに仮審査しておくと手続きがスムーズになるのでやっておきましょう。
金利は1.7~2.5%ぐらいが目安です。

新車を購入を考えていてる場合はディーラーローンもあります。
ディーラーローンは購入する新車を担保にローンを組むので、審査が通りやすいのが特徴です。審査結果もディーラー先ですぐにわかるし、手続きも簡単なのでオススメではあるんですがディーラーローンで車を購入すると、車の所有権がローン会社になってしまいますし、金利がマイカーローンに比べて少し高くなってしまいます。
金利は3.0%~が目安です。

最初にも言いましたがローンのデメリットは金利でしかないので、まずはマイカーローンで審査を出して、ダメだったらディーラーローンで審査を出すのが最善策かと思います。
多少面倒な手続きなどがありますが、それは最初だけでローンを組んでしまえば勝手にお金は引き落とされるので、面倒でも頑張ってやりましょう。

その3につづく・・・